リザーブリザーブリザーブリザーブ

_0061.jpg
_0062.jpg
_0005.jpg

2012 Autumn / Winter



ファッションにカジュアルからエレガントが戻って来た感じがします。
そこには押し付けがましいトレンドという言葉よりも自由。つまり自分らしさを追求したエレガント。
もしかしたらこれこそが各々の持つ粋や品格になるのかもしれません。

OWLの2012秋冬のテーマは(Girls decorate the town 街を彩る少女達)です。
例えばNY,Paris,London,Helsinki,Tokyo...どの都市にも独自の文化があり、
そこにはその街を彩る素敵な女性達が輝いています。

今回は架空のオシャレな都市に住む生まれも育ちもUrban(都会的)な女の子,City girlをイメージしています。

hair-imageの作品も具体的なカタチを作り出す事よりも
その空気感、匂い、気分、気持を伝えれる表現を試みました。
単純にHairの流行がこれ!と、いうものよりもむしろ限りなく抽象的に。

都会育ちの彼女は自分の事を良く解っています.
デニムやツイード素材のラギットなものよりもヴィビットなカラーパンツやタイツ。
カジュアルなスタイルの中にゴージャスなファーやパールを普段使いに。
決して背伸びした感じに見えない所こそ,あか抜けたcity girlの本領なのではないでしょうか?

hairは敢えてやりすぎず。でもコダワリのある。コダワリがきちんと見える.こんなバランス感覚が大切です.
髪の色はblack.流行の重めのスタイルから少しザクザクに。そうですね。。。
スウィートの中にスパイスを加えた感じ。
カントリー調では無く、土臭くなく。
city girlなら都会的な品、粋、そしてエレガントさを感じさせるイメージで。

ヘッドピースなんてこれからの時期素敵では無いでしょうか?
自分の気持の中のONとOFFを分けるアイディア。
スタイリングでプロのようにアレンジするのも良いですが。
アイロンやカーラーで毛先を巻く様な感覚で。
お気に入りの帽子をかぶる感じで。
簡単にしかも大胆に変われるヘッドピースを日常に取り入れる。
こんなコトもこの秋冬おすすめのスタイルです.

Written by M. Nakada